西伊豆雲見ツアー(2015/09/02) Part-1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西伊豆の雲見に到着して2日目となります。

昨日はへなちょこナビのお蔭で道に迷ったり、漁港に寄ったりとノンビリ三時過ぎに宿入りしたため下見を兼ねて近隣を散歩したくらいで夜の宴に突入してしまいました。

IMG_0741

2日目のこの日も朝方まで暴風雨が吹き荒れており、風の音や雷鳴で何度も目を覚ましましておりました。幸いにも朝ご飯を食べ終える頃には晴れ間が見えて来ましたが、昨日からの大雨のせいで山に囲まれた雲見一帯の海水浴場はおろか他のエリアも山から流されてきた土砂でこの上なく濁ってしまっております。

IMG_0742

昨日散歩していた時に偶然見付けた浜に行くしかありません。

IMG_0795

宿泊先の裏手の山に作られた山道をひたすら歩きます。日頃から人の往来が少ないせいか、雑草が羽を伸ばし放題です。害虫や蛇が間違いなくいますから肌を出して歩くのはお勧め出来ませんね!

IMG_0748

ご覧の通り三方を断崖絶壁に囲まれた入り江で通じる歩道が一本しか無いので、全く人がいない上に流れ込む河川が無いので大雨が降り続いた直後でも海水がとてもクリアです。

IMG_0749

IMG_0753

穴場スポットだったヒリゾ浜が、最近メディアでの露出度が増えたためか訪れる人々が急増していると聞いております。当方も以前訪れた事がありますが、コチラの浜も負けず劣らず綺麗です。何と言っても全く人がいないのが最大の魅力ですね。

IMG_0794

朝までの大雨と波が荒めだった事もあって、残念ですが前日に比べると多少透明度が下がってます。それでも十分なくらいクリアです。

IMG_0786

防水KITを持参するのを忘れてしまったので海中をご覧いただく事が出来ませんが、青や黄色の熱帯魚の様な小魚が群れて泳いでいたりカワハギなども泳ぎ回っておりました。

この浜も知る人ぞ知る穴場スポットでしょうね。全く人の手が入っておらずそのままの自然が残ってます。場所は直ぐに分かると思いますが、行ってみようと思われる方はお願いですからゴミなどは確実に持ち帰りましょう。あと、全く人気が無く不測の事態が発生しても簡単に救いを求められませんので、無理な行動は控えたほうが良いでしょう。

IMG_0759

千貫門という岩山で入り江が二つに分かれています。もう片方の入り江は前日からの大雨で土砂崩れが起きたため、海に土砂が流れ込んでしまいました。

IMG_0787

山の一部は草木も残さず崩れ落ちてますね。そして流れ込んだ土砂で海の色も変わってしまっております。

そろそろお昼時ですがこの浜には海以外何もありません。険しい道のりのため軽装で来たので、おランチしに町に一旦戻る事にします。

【参考】URL:http://izugeopark.org/maps/area-nishiizu-matsuzaki/iwachi_ishibu_kumomi/wiz0803/

スポンサーリンク
素材ID: 038

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
素材ID: 038